IWASEコラム

アメリカ合衆国におけるフッ素化合物の法規制について

2021年12月24日、カリフォルニア州環境保護庁環境健康有害性評価局 (the Office of Environmental Health Hazard Assessment ;OEHHA) は、Proposition 65リストにパーフルオロオクタンスルホン酸 (PFOS)、その塩、変換産物、および分解前駆体を追加しました。

2021年12月31日、カリフォルニア州環境保護庁環境健康有害性評価局 (the Office of Environmental Health Hazard Assessment ;OEHHA) は、Proposition 65リストにペルフルオロノナン酸(PFNA)とその塩を追加しました。

カテゴリー:

Notice to Interested Parties Chemicals Listed Effective December 24, 2021 As Known to the State of California to Cause Cancer: Perfluorooctane Sulfonic Acid (PFOS) and Its Salts and Transformation and Degradation Precursors

Notice to Interested Parties Chemicals Listed Effective December 31, 2021 As Known to the State of California to Cause Reproductive Toxicity: Perfluorononanoic Acid (PFNA) and Its Salts

この記事を書いた人

水野優香

研究開発部

薬剤師。急性期病院、調剤薬局を経て、化粧品業界へ。今は法規制情報の収集・発信を担当しております。
皆様のお役に立つような情報を発信していきます。

投稿内容は個人の意見であり、所属企業・部門見解を代表するものではありません。

ページの先頭へ