IWASEコラム

オーシャンセーフ製品とサンゴ礁保全

きれいな青い海に広がるサンゴ礁。様々な色や形のサンゴ礁は、ダイバーたちの目を楽しませてくれます。
サンゴ礁は美しいだけではありません。「海のオアシス」とも呼ばれ、海洋生物や環境においても多くの役割を担っています。

ところが、近年、温暖化現象や化学物質による環境ストレス等の様々な要因により、サンゴ礁はその数を減らしています。
世界中のあちこちでサンゴの白化現象が起きています。白化が進行するとサンゴは死んでしまいます。大規模な白化現象は、サンゴ礁にとって最大の危機です。

上述の通り、様々な要因でサンゴが白化すると言われていますが、サンスクリーン (製品そのものではなく配合される成分の一部) の影響も疑われています。紫外線対策のために当たり前に使っているサンスクリーンが、実は海に悪影響を及ぼす可能性があるのです。
サンゴの白化を食い止めるべく、パラオやハワイ等ではサンスクリーンに関する規制が施行されました。これらの国や地域では、サンゴへの有害性が指摘される物質 (オキシベンゾン、オクチノキサート等) を配合したサンスクリーンの販売や流通が禁じられています。

こういった環境保全に対する動きやサンスクリーン使用への懸念を背景に、海外では「海にも肌にも優しい」をコンセプトにしたオーシャンセーフのサンスクリーンが製造・販売されています。
日本でもオーシャンセーフに対する関心度が上がっています。

カテゴリー:
,

この記事を書いた人

水野優香

研究開発部

薬剤師。急性期病院、調剤薬局を経て、化粧品業界へ。今は法規制情報の収集・発信を担当しております。
皆様のお役に立つような情報を発信していきます。

投稿内容は個人の意見であり、所属企業・部門見解を代表するものではありません。

ページの先頭へ