IWASEコラム

海外拠点のご紹介と各国の状況について

CHINA

Cosfa International Trading (Shanghai) Co., Ltd.

担当地域:湖北省を含む華東地区
Cosfa International Trading (Shanghai) Co., Ltd. Beijing Branch
担当地域:西安を含む中国北方地域
設  立:2003年

▼特徴
コスファ上海は10年以上の経営を経て、安定した基盤を構築し、
現在では華東地域の大手企業様ともお取引いただけるようになりました。
上海では研究設備も備えており、お客様の処方開発および応用処方に関しても
ご希望に沿えるよう尽力いたします。

▼新型コロナウイルスによる市場状況
華東地域の老舗店舗をはじめ、様々な影響を受けています。
市場では店舗型から分散し、オンラインショッピング(EC化)に
積極的な企業様が増えています。

(上海総経理:施家瑜)

Cosfa International Trading (Guangzhou) Co., Ltd.

担当地域:四川重慶を含む華南地区
設  立:2005年

▼特徴
広州では、1400社を超える販売先を有しており、
北京と上海で700社以上、中国全体では2000社を超える企業様とお取引をしております。
中国トレンドの先を行く処方開発・提案と、細やかな営業サポートを目指しています。

(広州総経理:岡崎俊次)

FRANCE

Iwase Cosfa Europe S.A.S (Paris)

担当地域:EMEA
設  立:2015年

▼特徴
欧州は、各国それぞれ違いはありますが
現在のメイン市場であるフランスのトレンドは、天然性とエコフレンドリーです。
規制、安全性、トレーサビリティにおいては世界で一番厳しい市場だと感じています。

▼新型コロナウイルスによる市場状況
3月後半~4月末までは、多くの化粧品メーカーが
工場を閉鎖していましたが、6月からは普通の状況に戻っています。
フランスの市場は輸出市場のため、世界中で消費が滞っていることから
新型コロナウィルス流行前のレベルまでに戻るのは、まだまだという気がします。

(Director General:ジュビン・アントアン)

VIETNAM

Iwase Cosfa Vietnam Company Limited (Ho Chi Minh City)

担当地域:ベトナム及びASEAN地域へのテクニカルサポート
設  立:2017年

▼特徴
今後成長が見込まれる化粧品市場に対し、
ローカルや日系及びマルチナショナルの化粧品メーカーの
ニーズにマッチした提案を行っております。
R&Dの機能を充実させ、日本人の研究員を配置しラボも保有しております。

▼新型コロナウイルスによる市場状況
ベトナムでは、コロナ禍において4月始めから3週間の厳しい社会隔離措置と
市民の外出を最大限制限しておりました。
これにより化粧品の小売店等は一時閉店に追い込まれ、
ローカル化粧品各社は、製造や営業活動に大きな打撃を受けました。
4月末に社会隔離措置が緩和され、現在では街はコロナ前の活気に戻りつつあり
企業活動も活発化しています。
またIT産業及びライドシェアリングが普及しており、
化粧品に関してもネット通販サイトにて購入するケースが一般的となっております。

(General Director:森島一郎)

KOREA

Iwase Cosfa Korea Company Limited (Seoul)

担当地域:全土
設  立:2017年

▼特徴
韓国は2019年Euromonitor Internationalデータ基準、
約14,313億円の化粧品規模にて世界9位の市場となります。
ここ10年の間、BBクリーム・エアークッションの化粧品で新たなカテゴリを開発、
世界中から新たなアイデア、イノベーションで注目を浴びています。

▼新型コロナウイルスによる市場状況
全般的に化粧品市場が委縮している印象です。(手の洗浄剤を除く)
特にメイク・サンスクリーン・ファンデーション市場が大きな影響を受けています。
その中でもオンラインの成長は著しく、新型コロナウィルスの影響が
どれほど続くかが、今後の大きなポイントになると予想しています。

(部長:李 炅珉)

USA

Iwase Cosfa USA (New Jersey)

担当地域:北米・中南米
設  立:2018年

▼特徴
米国東海岸のニュージャージー州に事務所と在庫拠点を構え、
日系及び外資系大手、OEM、インディーズ系ブランドなど多種多様なお客様に対し、
岩瀬コスファの強みである「技術提案型営業」を行っています。

▼新型コロナウイルスによる市場状況
米国は新型コロナウイルスの感染数と死者とも世界最大、
経済においても多大な影響を受けています。
地域によって経済活動再開のタイミングが異なるため、
東海岸では感染者は減少していますが、逆に南部や西部ではここにきて急増しており、
店舗型消費が回復するにはまだまだ時間を要すると思われます。
また、マスクや在宅勤務などにより、カラーコスメのシェア減少、
それによるマーケットの構造変化が起こると予想しています。

(President:樫尾英樹)

THAILAND

Iwase Cosfa(Thailand)Company Limited (Bangkok)

担当地域:全土
設  立:2018年

▼特徴
タイはASEANの中でも化粧品消費、製造、輸出ともに旺盛です。
岩瀬の強みである「技術提案型営業」を活かし、
多国籍企業からローカル顧客まで、高品質・高付加価値原料を
現地のお客様へお届けしております。

▼新型コロナウィルスによる市場状況
緊急事態宣言が発令された3月末よりおよそ2ヵ月間、
ショッピングモールや小売店は完全に閉鎖され、多くの国民は外出を控え自粛生活に入りました。
これにより、高級海外ブランド品や免税店での人気商品は売上を劇的に落としましたが、
もとより旺盛であったオンラインショッピングについては
人々がアクセスする時間自体が大幅に増え、様々なプロモーションが行われたことで、
タイの国内ブランドに、より目が向くようになりました。

(Director:河南裕美)

各国での原料調達・お困りの事がございましたら

当社営業担当、またはこちらからお問い合わせください。
豊富な経験と知識でサポートいたします。

海外拠点 現地レポート

Cosfa International Trading (Guangzhou) Co., Ltd.
新型コロナウイルスの影響で、
一部都市ではロックダウンも行われていた中国について
現在の状況を現地担当者へ確認いたしました。
今後も不定期ではございますが各国の情報を
配信してまいります。

▼中国 広州より
昨年から世界的に流行した新型コロナウイルスは、
当初の我々の想定を超える規模・期間の大規模な流行が続いておりますが、
現時点(2020年6月末)、中国では流行が収まる傾向にあり、
市中の経済消費活動も、最悪の時期を乗り越えた雰囲気にあります。

コスファ広州では、グローバルな経済活動への打撃がもたらす
個人所得への負の影響と、その一方で生活様式の変化に伴うヘルスケア分野、
洗浄分野での需要増加、そして小売消費からネット通販型消費への
急激な転換を機敏に察知し、特に中国においては
変化の激しい内需への機動力ある対応を営業面、供給面で実現し、
三方良しのビジネスを実現して、危機をお客様と共に乗り越えてまいります。

また、日本からの化粧品(製品・バルク)輸入販売、食品原料の中国への輸入販売、
化粧品原料の輸入販売、中国検査機関での検査受託を行っております。
中国での原料調達・その他サポートがご必要な際は
コスファ上海・広州までお声掛けください。

(広州総経理:岡崎俊次)

カテゴリー:

この記事を書いた人

元木 隆志

プロモーショングループ

みなさま、こんにちは。
岩瀬コスファでは研究開発部、薬粧部を経て現在のプロモーショングループで業務しております。
徳島県から上京して参りました。
好きな食べ物:「讃岐うどん」 好きな粉体:「マイカ」 好きな油剤:「エステル油全般」
みなさまのお力添えできれば幸いです

投稿内容は個人の意見であり、所属企業・部門見解を代表するものではありません。

ページの先頭へ