IWASEコラム

医薬品及び医薬部外品の消毒剤における特定の菌種、ウイルス種への有効性に係る情報提供の取扱いについて

2022年2月25日、厚労省より「医薬品及び医薬部外品の消毒剤における特定の菌種、ウイルス種への有効性に係る情報提供の取扱いについて」が発出されました。
この通知により、外皮消毒剤においても、科学的及び客観的な根拠がなければ特定の菌種、ウイルス種に対する有効性の広告表現はできなくなります。

カテゴリー:

医薬品及び医薬部外品の消毒剤における特定の菌種、ウイルス種への有効性に係る情報提供の取扱いについて

この記事を書いた人

水野優香

研究開発部

薬剤師。急性期病院、調剤薬局を経て、化粧品業界へ。今は法規制情報の収集・発信を担当しております。
皆様のお役に立つような情報を発信していきます。

投稿内容は個人の意見であり、所属企業・部門見解を代表するものではありません。

ページの先頭へ